タイヤは季節にあわせて保管しよう

タイヤは季節にあわせて保管しよう

タイヤは環境によって簡単に劣化してしまいます。タイヤの主成分であるゴムは「なまものである」と揶揄されるほど、簡単に劣化してしまう素材だからです。しかも、タイヤに使用されているゴムはただのゴムではありません。摩擦力を維持するために様々な添加物を配合しています。

これも、経年劣化させてしまう原因です。特にスタッドレスタイヤはより繊細な技術で作られているため、保管方法によっては劣化を早めてしまいます。劣化したタイヤは摩擦力が落ちてしまうので、ブレーキの性能が弱くなってしまい危険です。

そのため、タイヤを保管するときはしっかりとした手順を行う必要があります。季節問わず共通して、必ず使用できる状態か確認してからタイヤを保管しましょう。溝が問題なく使えることを確認したら、次はタイヤを洗浄します。土や水分はゴムを劣化させる要因になってしまうからです。

水を使って汚れたタイヤを洗い流し、直射日光の当たらない場所で乾燥させましょう。夏の時期の保管は、直射日光を当てないことが大切です。ゴムは紫外線に弱く、直射日光はひび割れを発生させる原因になってしまうからです。

もちろん、夏以外の季節も直射日光に長期間さらさないよう注意しましょう。水分はタイヤのゴムを劣化させる原因となります。特に梅雨時期は、タイヤカバーなどを活用してタイヤを濡らさないよう注意して保管しましょう。

タイヤにとって理想の保管場所は、直射日光の当たらない風通しのよい冷暗所です。この条件は、夏用・冬用タイヤ問いません。大切なタイヤは正しい保管方法で守りましょう。

雪の季節はサビに強い・サビ予防を考えた塩害対策形状のアルミホイールを選ぼう!

雪の季節はサビに強い・サビ予防を考えた塩害対策形状のアルミホイールを選ぼう!

塩害対策形状のアルミホイールはサビに強い・サビ予防を考えた商品なので、雪の季節のドレスアップにおすすめです。【NPD企画】では、スタッドレスタイヤのアルミホイールを販売しています。

販売しているホイールは雪の結晶を意識した塩害対策形状のデザインとなっていて、一目でスタッドレスタイヤだと見分けることが可能です。保管するときも、「どちらがスタッドレスタイヤだったかな?」と悩むことがありません。

塩害対策をお考えの方や、雪の季節もおしゃれなアルミホイールを選びたい方は、ぜひ【NPD企画】をご活用ください。

アルミホイールで雪の塩害にお困りの方は【NPD企画】まで

会社名 NPD 中野プロダクトデザイン(NPD)
代表者 中野秀道
住所 〒438-0077 静岡県磐田市国府台2−5 松島ビル2F
TEL 0538-21-5607
設立 2003年
URL http://npdweb.net/